一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:糖尿病と向き合う

 

 

今朝は、持病である糖尿病の月に1度の検査日でした。

 


HbA1c(ヘモグロビンA1c)と空腹時の血糖値を測るのですが、HbA1c(ヘモグロビンA1c)の数値で、自分の血糖状態を診ます。

HbA1cの値が高いという事は、過去1〜2か月の血液中のブドウ糖が多いということで、高血糖ということになります。

 


HbA1c(ヘモグロビンA1c)の正常値が、4.6〜6.2%になっています。

 

 

 

今日の私の検査結果は、HbA1c(ヘモグロビンA1c)6.9%でした。

 

 

 

正常値からすると高いんですが、糖尿病患者からすると、この数値は、まあまあいい数値なんですよ。

 

だいたい7.0%以下を目指して治療していきましょう〜って感じです。
7.0%以上になると、糖尿病で最も怖い合併症を引き起こす可能性が高くなるからです。


「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」その他、「心筋梗塞」「脳梗塞」などの合併症を引き起こさないためにも、HbA1c(ヘモグロビンA1c)7.0%以下をキープすることは重要なのです。

 


最初に治療が必要と言われたときの HbA1c(ヘモグロビンA1c)は、11.4%でしたから、よく頑張っていると自分でも思います。

 

 

 

 

ということで、お昼は自分にご褒美です( *´艸`)

 

 

 


時々はこうして、解禁して好きなものを食べています(●´ω`●)

 

 

 


でもこれからもずーっと頑張らないといけないと思うと。。。ちょっとツラくなることもあります(-_-;)

 

だって、私が小さいころから母が糖尿病だったので、わりと子供の頃からバランスのいい食事をしていたし、運動も嫌いな方ではないし、血圧も低い方で脂質異常もなし、平均体重以上の重さにはなったことはない。


私より断然偏食で育って、甘いものが好きで、お菓子ばかり食べてて、肥満で、運動嫌いで、好きなものを好きなだけ食べる...そんな人たくさんいるのに、それでも健康を維持している人はたくさんいて、不公平だ...と思ったりもします。

 

以前は、若くで発症したせいもあり、病院で興味本位で新薬を進められたり、若いのにね〜とか、甘いものばかり食べてるんでしょ〜とか、太ってないのにね〜とか、心のないことを言ってくる先生もいて、幾度となくネガティブにさせられてきました。

 

 

 

 

今は、自分に合った病院が見つかり、いい先生といい看護師さんといい薬剤師さんがいて、いつも親身になってくれるので安心して通院しています。


今日も数値が下がっていたことを看護師さんが、自分のことのように「よかったぁ〜」って声を大にして喜んでくれました。

 

 

 

 

どうやら私は、この病気とは一生付き合っていかなければならないので、自分に合った病院を見つけられたことは本当によかったと思います。

 

 


いろんな疾患で悩んでいる方もたくさんいると思いますが

・自分に合った病院と出会うこと

・ポジティブに考えること

・ストレスを溜めないこと

これはとても大切なことだと思います。

 

 


私のように一生付き合わないといけない病気や、なかなか勝てない病気もありますが、うまく付き合っていくしかないのです。

 


そして、自分にだけは負けないことです。がんばりましょう(^_-)-☆

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 血糖・血糖値へ
にほんブログ村

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

お知らせ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM